第1文型(SV)とは?【例文でわかりやすく解説】

おさらい:文型とは

英語には5つの文型があります。(文型とは、文の型のこと)

第1文型:S+V

第2文型:S+V+C

第3文型:S+V+O

第4文型:S+V+O+O

第5文型:S+V+O

  • S=Subject(主語)
  • V=Verb(動詞)
  • C=Complement(補語)
  • O=Object(目的語)

のことでしたね。

英語には、この5つの型しかありません。

そのため、5つの型を覚えることで、どんな長文でも読めるようになります。今回は、簡単な例文を使って第1文型について学びましょう。

第1文型とは

第1文型とは、「S(主語)+V(動詞)」のことです。

I run.

私は走る。

このように、S(主語)とV(動詞)だけで、成り立つ文章のことを第1文型と言います。

非常に簡単ですよね。

では、次の例文は第1文型でしょうか?

少し考えてみてください!

I run fast.

私は走るのが早い。

答えは、第1文型です。

  • I=S(主語)
  • run=V(動詞)
  • fast=M(修飾語)

「fast」は「run」を修飾しているので、修飾語となります。

こちらの例文では、「walk」は「M」の役割を果たしています。いきなり、「M」と言われてもピンと来ませんよね。「M」は「Modifier」の略で、「修飾語」を意味します。修飾語には、特定の単語や文全体を詳しく説明する働きがあります。

例えば、こちらの例文を「I run.(私は走る)」だけにすると、何か物足りませんよね。「fast」 という修飾語を足すことによって、より詳細に説明することができるようになります。

これが修飾語の役割です。

このように文章は、

  • S=Subject(主語)
  • V=Verb(動詞)
  • C=Complement(補語)
  • O=Object(目的語)

だけでなく、M(修飾語)が付くことによって、より詳細により長い文章となります。そのため「第1文型か?」を見分けるのが少しだけ難しくなります。

英文に慣れていけば、意識せずにわかるようになるので安心してください!

第1文型の見分け方

第1文型を見分ける方法は、簡単です。

M(修飾語)をすべて取った後に、S(主語)とV(動詞)だけになれば第1文型ということになります。

例文を見てみましょう。

I study every day.

私は毎日勉強します。

この文章は、M(修飾語)をすべて取ると「I study.(私は勉強します。)」となるので第1文型です。

  • I=S(主語)
  • study=V(動詞)
  • every day=M(修飾語)

「every day(毎日)」は、「study(勉強する)」を修飾する修飾語です。

このようにMをすべて取って、SとVだけが残ったら第1文型となります。最初は意識しないとわかりませんが、すぐに「これは修飾語だから第1文型だ」とわかるようになります。

第1文型をとる動詞

第1文型をとる動詞を「自動詞」と言います。

代表的な自動詞は覚えておきましょう。

  • go:行く
  • come:来る
  • live:住む
  • stay:泊まる
  • look:見る
  • arrive:着く

goの例文

I go to school.

学校に通っている。

この文章は、M(修飾語)をすべて取ると「I go.(私は行く。)」となるので第1文型です。

  • I=S(主語)
  • go=V(動詞)
  • to school=M(修飾語)

「to school(学校に)」は、「go(行く)」を修飾する修飾語です。

comeの例文

He often comes to this store.

彼はよくこの店に来る。

この文章は、M(修飾語)をすべて取ると「He comes.(彼は来る。)」となるので第1文型です。

  • He=S(主語)
  • comes=V(動詞)
  • oftenとto this store=M(修飾語)

「often(よく)」と「to this store(店に)」は、「comes(来る)」を修飾する修飾語です。

liveの例文

She lives in Thailand.

彼女はタイに住んでいる。

この文章は、M(修飾語)をすべて取ると「She lives.(彼女は住んでいる。)」となるので第1文型です。

  • She=S(主語)
  • lives=V(動詞)
  • in Thailand=M(修飾語)

「in Thailand(タイに)」は、「lives(住む)」を修飾している修飾語です。

stayの例文

I stayed at my cousin’s house.

いとこの家に泊まった。

この文章は、M(修飾語)をすべて取ると「I stayed.(私は泊まった。)」となるので第1文型です。

  • I=S(主語)
  • stayed=V(動詞)
  • at my cousin’s house=M(修飾語)

「at my cousin’s house(いとこの家に)」は、「stayed(泊まった)」を修飾している修飾語です。

lookの例文

He looked at his watch.

彼は時計を見た。

この文章は、M(修飾語)をすべて取ると「He looked.(彼は見た)」となるので第1文型です。

  • He=S(主語)
  • looked=V(動詞)
  • at his watch=M(修飾語)

「at his watch(時計を)」は、「looked(見た)」を修飾している修飾語です。

arriveの例文

She arrived at the airport very late.

彼女はとても遅れて空港に到着した。

この文章は、M(修飾語)をすべて取ると「She arrived.(彼女は到着した)」となるので第1文型です。

  • She=S(主語)
  • arrived=V(動詞)
  • at the airportとvery late=M(修飾語)

「at he airport(空港に)」と「very late(とても遅れて)」は、「arrived(到着した)」を修飾している修飾語です。

第1文型の例文集

第1文型の例文を紹介します。

S(主語)やV(動詞)、M(修飾語)がどれに当たるかを意識して読んでみてください。

例文1

I live in Tokyo.
私は東京に住んでいる。

例文2

I studied hard.
勉強を頑張った。

例文3

He stayed at the hotel yesterday.
彼は昨日、ホテルに泊まりました。

例文4

She gets up early.
彼女は早起きだ。

例文5

We go to school every day.
私たちは毎日学校へ行きます。

例文6

I arrived at the station.
駅に到着しました。

例文7

Tom arrived late at the station.
トムは遅れて駅に到着しました。

例文8

He looked up at the sky.
彼は空を見ていた。

例文9

He looked up at the stars.
彼は星空を見上げた。

例文10

She came to the meeting.
彼女はミーティングに来た。

第1文型の問題

【問題】それぞれの文章が何文型か答えてください。

(1) I go to school
私は学校に通っています。

第1文型(SV)です。

  • I=S(主語)
  • go=V(動詞)
  • to school=M(修飾語)

(2) I am Tom.
私はトムです。

第2文型(SVC)です。

  • I=S(主語)
  • am=V(動詞)
  • Tom=C(補語)

(3) I swim in the river.
私は川で泳ぐ。

第1文型(SV)です。

  • I=S(主語)
  • swim=V(動詞)
  • in the river=M(修飾語)

(4) He plays soccer.
彼はサッカーをします。

第3文型(SVO)です。

  • He=S(主語)
  • plays=V(動詞)
  • soccer=O(目的語)

(5) She is an actress.
彼女は女優です。

第2文型(SVC)です。

  • She=S(主語)
  • is=V(動詞)
  • an actress=C(補語)