「It’s a piece of cake」の意味と使い方【由来についても解説】

ケーキ

「It’s a piece of cake」の意味と使い方

It’s a piece of cake

定形表現朝飯前だよ、楽勝だよ

“It’s a piece of cake”の意味は、「朝飯前だよ」「楽勝だよ」です。何か依頼された時などに「楽勝だよ!」と返答することで、余裕があることを伝えることができます。

例文1

A:How was the exam?
テストどうだった?
B:It was a piece of cake.
楽勝だったよ!

例文2

A:Can you handle it?
対処できますか?
B:Sure. It’s a piece of cake.
もちろん。楽勝だよ

DUO3.0の例文

“How are you going to deal with this complicated problem?” “Leave it to me! It’s a piece of cake.”
「この複雑な問題をどう処理するつもり?」 「任せとけって。朝飯前さ。」

SECTION14 No.733

「It’s a piece of cake」の由来

“It’s a piece of cake”の由来は複数ありますが、「一切れのケーキならペロリとすぐに食べることができる=朝飯前さ、楽勝だよ」という意味になったと言われています。

もう一つの有力な説としては、19世紀後半に「Cake walk」という勝つことが簡単な競技で賞品としてケーキが贈られたというものです。誰でも勝つことができる競技の賞品がケーキだったことから、「楽勝だよ」という意味になったと言われています。