「bear fruit」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】

フルーツ

「bear fruit」の意味と使い方

bear fruit

熟語①(努力などが)実を結ぶ ②(植物などが)実をつける

“bear fruit”の意味は、「(努力などが)実を結ぶ」「(植物などが)実をつける」です。

“bear”は、

産む、出産する、つける、結ぶ、生む、身につける、帯びる、記載がある、抱く、もつ

などの意味を持つ動詞です。(名詞では「熊」という意味)

“fruit”は「果物」という意味ですが、

結果、成果、収益

という意味もあります。

その2つが合わさって“bear fruit”になると、「(努力などが)実を結ぶ」「(植物などが)実をつける」という意味になるのです。

「実を結ぶ」の例文

例文1

Your effort will surely bear fruit.
あなたの努力は必ず実を結ぶでしょう。

例文2

I hope your efforts will bear fruit.
あなたの努力が実を結ぶと良いですね。

例文3

I’m keeping my fingers crossed that your hard work will bear fruit.
あなたの努力が実を結ぶことを祈っています。

例文4

Your effort have finally bear fruit.
あなたの努力がついに実を結んだ。

DUO3.0の例文

The revolution in itself, bore no fruit, after all.
結局、革命それ自体は何の成果ももたらさなかった。

「実をつける」の例文

例文1

This tree bear fruit.
この木は実をつける。

例文2

This tree is too young to bear fruit.
この木はまだ若いので実をつけない。

例文3

This tree didn’t bear fruit this year.
この木は今年は実をつけなかった。