「regardless of」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】

おしゃれ男子

「regardless of」の意味と使い方

regardless of…

前置詞…にかかわらず、…に関係なく

「regardless of」の意味は、「…にかかわらず、…に関係なく」です。「天気に関係なく」や「性別に関係なく」のように、いろいろな状況で「regardless of」は使われます。

例文1

I will go regardless of the weather.
天気に関係なく私は行きます。

例文2

He came regardless of my instructions.
来るなと言ったのにやって来た。

例文3

Regardless of age or sex, everybody can apply for it.
年齢や性別に関係なく、誰でも応募できます。

例文4

Everyone is eligible regardless of nationality.
国籍に関係なくすべての人に資格がある。

DUO3.0の例文

You should be fair to everyone regardless of national origin, gender, or creed.
生まれた国、性別、信条に関係なく、誰に対しても公平でなくてはならない。

SECTION1 No.14

「regardless」の語源

英単語の意味を覚えるコツは、語源から覚えることです。「regardless of」は少し覚えにくいので、語源を知って記憶に定着させましょう。

「regardless」を分解して考えると、

  • regard:考える
  • less:ない

この2つを合わせると、「考えない」という意味になります。つまり、「考える必要がない=にかかわらず」ということです。そこから派生して、「regardless of」の意味は「…にかかわらず、…に関係なく」という意味になっています。