「lean on」の2つの意味と使い方【例文でわかりやすく解説】

カップル

「lean on」の2つの意味

lean on…

熟語①…に寄りかかる、…にもたれる ②…に頼る

「lean on」には、「…に寄りかかる、…にもたれる」「…に頼る」という2つの意味があります。

例えば、

He leaned on the pillar.
彼は柱に寄りかかっていた。
Lean on me.
頼っていいよ。

このように、

  • lean on+物→物に寄りかかる
  • lean on+人→人に頼る

となります。

「lean on」の意味①:…に寄りかかる、…にもたれる

「lean on」の1つ目の意味である「…に寄りかかる、…にもたれる」は、海外の観光地でよく見かけます。歴史的な建物のそばには「DO NOT LEAN ON.(寄りかからないで)」という看板がいたるところにあります。

ちなみに、「…に寄りかかる、…にもたれる」という意味であれば、「lean on」を「lean against」と言うこともできます。

例文1

Don’t lean on my desk.
机に寄りかからないで。

例文2

The old man leaned on a stick.
老人は杖にもたれていた。

例文3

Don’t lean your elbows on the table.
ひじをついてはいけません。

DUO3.0の例文

He leaned against the pillar and gazed at the Statue of Liberty.
彼は柱に寄り掛かって、自由の女神像をじっと見つめた。

「lean on」の意味②:…に頼る

「lean on」の2つ目の意味は、「…に頼る」でしたね。「lean on」のもともとの意味が「寄りかかる」なので、「力を預ける」→「頼る」という意味になっています。

「頼る」という英語表現は数多くあるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

例文1

Don’t lean too much on others.
他人に頼り過ぎちゃだめだよ。

例文2

You can lean on me if you get tired.
疲れた時は頼っていいよ。

例文3

You lean on your parents too much.
両親に頼り過ぎだよ。