「hold on」の意味と使い方!「hold on to」との違いについても解説

“hold on”の意味

hold on

熟語①つかむ、つかんでいる、②ちょっと待って

“hold on”は、

  • つかむ
  • つかんでいる

という意味で覚えている人が多いと思います。

実際に、海外のバスに乗ると、運転手が乗客に対して「hold on(つり革をつかんでください)」と言う場面をよく見かけます。

ですが、“hold on”には「ちょっと待って」という意味もあります。会話の中では、「ちょっと待って」という意味で“hold on”を使うことが多いです。

“hold on”の例文

例文1

Hold on, Please.
少々お待ち下さい。

例文2

Hold on, I’ll be there soon.
ちょっと待って、すぐに行くから。

DUO3.0の例文

Hold on. I’ll be right back. Don’t hang up!
ちょっと待って。すぐ戻るから。切らないでよ!

SECTION18 No.202

“hold on”は「ちょっと待って」という意味でよく使う

“hold on”には、「つかむ」「つかんでいる」だけでなく、「ちょっと待って」という意味もあります。

日本人は、「ちょっと待って」と言う場合、“just a moment”を使う人が多いですが、“hold on”も同じように使うことができます!

  • just a moment
  • hold on a second
  • wait a minute
  • just a sec(second)
  • hang on

“hold on”はなぜ「ちょっと待って」という意味になるの?

電話交換手

出典:Wikipedia

昔は、電話をかけるときには、電話交換手という人がいました。

電話をする→電話交換手に繋がる→やっと、通話相手に繋がる

電話をかける際に、電話交換手が通話相手とつながるまでの間、受話器を「つかんだまま」待つように伝えていたことから、「つかんでいる」という意味の“hold on”が「ちょっと待って」という意味で使われるようになりました。

“hold on”と“hang on”には違いがある?

“hold on”と“hang on”はどちらも同じ意味で、同じシチュエーションで使うことができます。

両者には違いはありませんが、“hang on”の方がよりカジュアルな印象があります。

電話の会話で使う場合は、“hang on”よりも“hold on”を使うことが多いので、“hold on”を使った方が安心です。

“hold on”と“hold on to”の違い

先述したとおり、“hold on”には「つかむ」という意味があります。

“hold on to”になると、“to”によって対象がはっきりし、

  • しっかりとつかまる
  • しっかりと握る
  • しっかりと持つ
  • 手放さない

という意味になります。

“hold on to”の例文

例文1

Please hold on to the handrail.
手すりにおつかまりください。

例文2

Please hold on to me.
私にしっかりとつかまってください。

例文3

Please hold on to the strap.
つり革におつかまりください。

例文4

I will hold on to these.
これを取っておきます。

例文5

You don’t need to hold on to that.
それを持っておく必要はありません。