「don’t need」と「need not」の違い【例文でわかりやすく解説】

コミュニケーション

「don’t needとneed notの違いがわかならい!」

そんな方のために、この2つの違いを例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう。

「need」には2種類あります

“need”には、助動詞と一般動詞の2つの使い方があります。

  • 助動詞のneed:否定文 or 疑問文のみ(肯定文では使えない)
  • 一般動詞のneed:need to do

「それをやる必要はない」という例文で両者の違いを見てみましょう。

助動詞の例文

You need not do it.
それをやる必要はない。

こちらは助動詞の“need”なので、“You need do it.”のように肯定文にすることはできません。

一般動詞の例文

You don’t need to do it.
それをやる必要はない。

一方、一般動詞の“need”の場合、“You need to do it.(それをやる必要がある)”のように肯定文にもすることができます。

上記の例文を覚えておけば、“need”の使い分けで困ることはありません。“need”は、文法問題で引っ掛けとして出されるので、必ず覚えておきましょう。

「need do」では使えない

“need”には、「助動詞と一般動詞の2つの使い方がある」と説明しましたが、助動詞でも一般動詞でも“need do”のように使うことはできません。

  • 助動詞のneed:need not do
  • 一般動詞のneed:need to do、need A

一般動詞で使う場合は、「need to do(〜する必要がある)」または「need A(Aを必要としている)」として使います。

need not doの例文

You need not study.
あなたは勉強する必要がありません。

need to doの例文

You don’t need to study.
あなたは勉強する必要がありません。

need Aの例文

I need your help.
あなたの助けが必要です。

最後に問題です!

【問題】適切な語句を選んで下さい。(答えは複数の場合があります)

(1) You(        )do this work.

① not need
② don’t need
③ need not
④ need not to

(2) I(        )your help.

① don’t need
② need do
③ need
④ need not

(3) You(        )clean your room.

① need
② need to
③ don’t need
④ doesn’t need


(1) ③ need not

助動詞の否定形

(2) ① don’t need、③need

一般動詞の否定形と肯定形

(3) ② need to

一般動詞の肯定形